Fitbit・Garmin・Apple Watch3機種の比較

ヘルスケアアプリとオムロンコネクトの連携項目と設定方法|Apple iPhone & OMRON 編

Apple Health app

Appleのアプリ「ヘルスケア」と「オムロンコネクト」は連携できるの?

と、友人に質問を頂いたので自分の数値を例にまとめてみました。

アプリの連携は可能で、数値管理にも役立っています。

普段、iPhoneとApple Watchを使っているとヘルスケアアプリを利用するので、

体重や体脂肪率、BMIといった身体測定値を一緒に管理できるのは非常に便利です。

アプリの連携でできること

・ヘルスケアアプリにデータを書き込みができる。

【 OMRON connect → Apple ヘルスケア 】

・連携項目は、体重・体脂肪率・BMIの3つから選択できます。

ヘルスケアとオムロンコネクトの連携ができない場合、設定方法も参考にしてみてください。

実際の画面をスクリーンショットしておきました!

【OMRON】アプリで見る体脂肪率・内臓脂肪レベル|平均値と計測の仕組み

ヘルスケアとオムロンコネクトの連携方法

omron-to-apple-healthcare
オムロンコネクトとヘルスケアのアイコン

アプリの連携方法はとても簡単です。

ヘルスケアアプリを起動してアイコンをタップ。 プライバシーのAppでomron connectを選択。さいごに書き込みを許可するだけです。

  1. ヘルスケアアプリを起動
  2. アイコン(プロフィール画像)をタップ
  3. プライバシーのAppを選択
  4. omron connectを選択
  5. 書き込み項目を許可

⑤の画面では、BMI・体脂肪率・体重の書き込みを許可して下さい。

omron connectからの書き込みを許可

Appleのヘルスアプリの設定に加えて、オムロンコネクト側の設定も行ってください。

設定方法は後半にオムロンコネクトアプリの設定方法載せていますのでご参考ください。

次はヘルスケアアプリの見え方です!

ヘルスケアアプリではどう見えるの?

書き込みを許可するとヘルスケアアプリで各項目の数値が反映されます。

下記画面のように読み込んだデータが表示されていることがわかります。

Apple ヘルスケアで見る身体測定値(BMI、体脂肪率、体重)スクリーンショット(おかきソムリエ)
ヘルスケアプリの画面

ヘルスケアとオムロンコネクト連携項目

Appleのヘルスケアアプリとオムロンコネクトの連携項目は3つです。

  1. 体重
  2. 体脂肪率
  3. BMI

ヘルスケアアプリに読み込んだデータは項目ごとにグラフでデータを確認することができます。

BMIの記録
体脂肪率の記録
体重の記録

画面表示は月単位ですが、1日・週・月・6ヶ月・年単位で切り替えが可能です。

  • 6ヶ月

▼あわせて読みたい関連記事

【OMRON】アプリで見る体脂肪率・内臓脂肪レベル|平均値と計測の仕組み

【ボディマス指数】BMIで調べる肥満度|年齢別でみる目安と目標範囲 編

オムロンコネクトアプリの設定方法

オムロンの体重体組成計

オムロンコネクトのアプリを立ち上げて、左上の3つの線(≡:ハンバーガーボタン)を押して、連携アプリ・サービスの項目を選択します。

すると連携したいアプリを選ぶ画面になるので『ヘルスケア』を選びます。

オムロンコネクトの設定画面
連携アプリ・サービスを選択
ヘルスケアを選択

オムロンコネクトからヘルスケアアプリへのデータの書き出し設定は公式サイトのこちらのページをご覧下さい。

ひとこと

出典:Apple公式サイト

iPhoneやApple Watchを使っていると健康管理のためにヘルスケアアプリを使います。

どうせなら体重や体脂肪率、BMIなども一緒に管理したいものです。

ダイエットを意識する方には必須の項目。

オムロンの体重体組成計(オムロンコネクト対応機種)だと、ヘルスケアアプリと連携できるので一元管理ができて非常に便利です。

ぜひ、アプリの連携を楽しんでみてください。

\ オムロンコネクト対応 カラダスキャン /

オムロンコネクト対応の機種を選びましょう!

▼参考サイト
Apple 公式サイト https://www.apple.com/jp/

Apple ヘルスケア https://www.apple.com/jp/ios/health/

オムロン 公式サイト https://www.healthcare.omron.co.jp/

※写真やイラストはイメージです。