Amazon プライムデー開催!2024.7.16-17

ガーミン vivoactive 5 新登場!Venu3 よりコスパが良いかもしれない!スペック・機能比較 2024 編

vívoactive-5

記事内に広告を含みます

2023年10月11日にガーミンの新作モデル『 vivoactive 5 が発売。

Venu 3の発売に続いて「ヘルス&ウェルネス」シリーズのラインナップが増えることに。

vivoactive 5の内容を見てみると、想像以上に機能が充実していることに驚きました!

もしかするとVenu 3よりvivoactive 5の方がコストパフォーマンスが高いのではないか?

ということで、主なスペックと機能の違いを比較評価してみました。

vivoactive 5とVenu3の比較正面画像(イメージ画像)

\新作モデル vivoactive 5/

vivoactive 5 vs Venu 3

 がーみんのVivoactive 5とVenu 3の正面画像(イメージ画像)
vivoactive5Venu3
画像Vivoactive 5Venu3-Whitestone
本体サイズ42.2 x 42.2
mm
45.0 x 45.0
mm
厚み11.1 mm12.0 mm
画面サイズ
(直径)
1.2インチ
(30.4 mm)
1.4インチ
(35.4 mm)
解像度390 x 390
ピクセル
454 x 454
ピクセル
ベゼル陽極酸化
アルミニウム
ステンレス
スチール
重量36 g47 g
バッテリー約11日間約14日間
ディスプレイAMOLEDAMOLED
タッチ操作対応対応
発売日2023年
10月11日
2023年
9月7日
参考価格
(税込み)
39,800円60,800円

vivoactive 5の主なスペックを比べると違いがはっきり見えてきました!

解像度はやや劣りますが、厚みは0.9 mm 薄く、重量は11g 軽くなっています。

重量は筆者が最も重視する点で、手首の負担を考慮すると嬉しいポイントです。

バッテリーは11日間も持てば十分。

タッチスクリーン操作にも対応。

素材をチェックするとそこまで高級感は求められませんが、AMOLEDディスプレイ対応で好みの文字盤に変更できるので問題ありません。

次はコンパクトサイズ Venu3Sとの比較!

vivoactive 5 vs Venu 3S

 ガーミンのVivoactive 5とVenu3Sの正面画像(イメージ画像)
vivoactive5Venu3S
画像Vivoactive 5
本体
サイズ
42.2 x 42.2
mm
41.0 x 41.0
mm
厚み11.1 mm12.0 mm
画面サイズ
(直径)
1.2インチ
(30.4mm)
1.2インチ
(30.4 mm)
ベゼル陽極酸化
アルミニウム
ステンレス
スチール
重量36 g40 g
バッテリー約11日間約10日間
ディスプレイAMOLEDAMOLED
タッチ操作対応対応
発売日2023年
10月11日
2023年
9月7日
参考価格
(税込)
39,800円60,800円

こちらの両機種のサイズは、ほぼ同じ!

重量も近いため、比較にはコンパクトサイズのVenu3Sの方が分かりやすいかもしれません。

vivoactive 5にはサイズが1種類しかないため、大きさの選択ができないデメリットがあります。

しかし、大き過ぎず小さ過ぎないサイズなので多くの方にはフィットすることでしょう。

厚みも薄さもvivoactive 5が優っていますね。

ガーミン Venu3 が旧モデル(Venu2)から進化!スペックの違いと機能比較 2024 編

vívoactive 5 のカラーバリエーション

vívoactive 5の4つのカラーバリエーション(イメージ画像)

vívoactive 5のカラーバリエーションは合計4タイプ。

ブラック/スレート、アイボリー/クリームゴールド、ブルー/ブルーメット、オーキッド/オーキッドメットからお好みのカラーをセレクトできます。

モデルカラーバリエーション
vivoactive5・Black/Slate
・Ivory/Cream Gold
・Blue/Blue Met
・Orchid/Orchid Met

個人的にはブルー系が好みですが、ビジネスシーンを考えるとブラックかアイボリーが良いかもしれません。

カラーはちょっと迷います。

vivoactive 5 & Venu3 / 3S 価格表

機種参考価格
(税込)
Amazon
販売価格
vivoactive 5
Vivoactive 5
39,800円価格を見る
Venu 3
Venu3-Whitestone
60,800円価格を見る
Venu 3S
60,800円価格を見る
※参考価格はメーカーの都合などにより変更になる可能性があります。

参考価格での価格差は意外と大きく21,000円

Venu 3はヘルス&ウェルネスシリーズでは、最上位モデルなので搭載されている光学式センサーなどの性能や機能の数ではvivoactive 5を上回ります。

とは言っても、通話機能が必要でない方は vivoactive 5 で十分ではないでしょうか。

ビジネスシーンでの利用、またはプライベートなシーンでの利用かによっても選択の分かれ目になりそうです。

価格差をどう捉えるか?

\Garmin vivoactive 5/

\Garmin Venu 3/

ガーミン Venu3 が旧モデル(Venu2)から進化!スペックの違いと機能比較 2024 編

vivoactive 5の 主な新機能

  • モーニングレポート
  • 睡眠コーチ
  • 仮眠検出
  • ボディバッテリー
  • HRVステータス

●参考:Garmin.US newsroom press-release

モーニングレポートは、起床時に、睡眠の状況、回復度、トレーニングの概要、HRV(心拍変動)ステータス、天気などの情報を教えてくれる機能です。

表示項目のカスタマイズも可能なので、知りたい情報を登録しておくと便利かもしれません。

昼寝(仮眠)の計測も可能になり、パーソナライズ精度が向上するため健康管理機能の進化が見込まれます。

毎朝、体調チェックができるのは魅力です!

ガーミン HRVステータスは身体状態のバランス指標! ベースラインと平均値 編

主な機能の比較

機能vivoactive5
Vivoactive 5
Venu3
Venu3-Whitestone
心拍数
血中酸素
トラッキング
睡眠
モニタリング
Body Battery
ストレス
レベル計測
女性のための
健康トラッキング
ヘルススナップ
ショット
通知機能
通話機能
(Bluetooth)
Garmin Pay
Suica対応
参考:Garmin公式サイト

機能が多すぎるので、主な機能だけを一部抜粋しています。

比較表からも分かるようにvivoactive 5も最新モデルであり、主要な機能は搭載されている点が魅力です。

Venu 3と遜色がないと言える範囲だと思います。

感想

vivoactive 5のカラーラインナップ(イメージ画像)

今回の新作モデル「vivoactive 5」では新機能も追加され、初めてガーミンを使う方にはおすすめのデバイスだと思います。

vivoactive 5は健康管理機能をメインとしたフィットネスGPSウォッチなので、バッテリーライフが長いのも嬉しいポイント。

ガーミン特有の機能「ヘルススナップショット」や「HRVステータス」も利用可能。

機能の充実ぶりに対して、39,800円と手頃な価格はかなり魅力的!

現在、利用中のVenu2SからVenu 3の買い替えをすべきかを考えていたところでしたので再検討してみたいと思います。

結果、今回はvivoactive 5を購入しました。レビューは別記事をご参照下さい。

ガーミン vivoactive 5 レビュー!フィットネスウォッチの実力は?スペック・機能評価 2024 編

Garmin vivoactive 5 arrived for me.

\ 最新モデル vivoactive 5 /

ガーミンはどこなら安く買える?筆者はAmazonで購入!主な取扱店 2024 編

▼参考サイト

・ガーミン 公式サイト:https://www.garmin.co.jp/
・ガーミン公式サイト(US):https://www.garmin.com/en-US/

・ガーミンプレスリリース:https://www.garmin.co.jp/news/pressroom/news2023-1011-garmin-vivoactive-5/
・Vivoactive 5 操作マニュアル:https://download.garmin.com/jp/download/manuals/vivoactive5_OM_JA-JP.pdf

※記載の内容は都合により変更になることがあります。
※写真やイラストはイメージです。