Fitbit・Garmin・Apple Watch 比較レビュー
https://smartwatch-blog.com/(スマブロのトップページ画像)運営者:おかきソムリエ(MIKIYA Inc.)

セール情報

おすすめ記事

\ スマートウォッチを使いこなそう /

*写真をクリックしていただけると各カテゴリーの記事一覧をご覧いただけます。

コラム

スマートウォッチを使って感じたメリットとデメリット

my-smart-watch-3-item(Fitbit/Garmin/AppleWatch)3機種をうでに装着した画像(本人撮影)

コラム記事を読む

筆者愛用デバイス

Fitbit Sense2(イメージ画像)

Fitbit Sense 2

 (5)

Fitbit の最上位モデル。先進的な健康管理を誇るスマートウォッチ。光学式心拍計、睡眠トラッキング機能、ストレスマネジメント機能などすべての機能を搭載。
ヘルスケアを意識する人におすすめ機種。Fitbit Premiumの利用にも最適な一台。

¥ 32,800(税込)
2022年9月29日発売

Fitbit Charge5(イメージ画像)

Fitbit Charge 5

 (4.5)

Fitbit の最も先進的な健康管理トラッカー。光学式心拍計、睡眠トラッキング機能、皮膚電気活動センサーなど多くの機能を兼ね備える。
脂肪燃焼ゾーンを確認しながら効果的なダイエットが可能。初心者にもおすすめ。

¥ 24,900(税込)
2021年9月28日発売

Garmin Venu2S(イメージ画像)

Garmin Venu2/2S

 (5)

Garmin が誇る高度な健康モニタリング機能とフィットネス機能が搭載されたGPSスマートウォッチ。ヘルススナップショットやフィットネス年齢などの機能が嬉しい。スポーツの機会が多い人にもおすすめ。

¥ 58,800(税込)Venu2
¥ 56,800(税込)Venu2S
2021年6月21日発売


よくある疑問

1位:Apple Watch ・2位:Fitbit・3位:Garmin (2021年9月16日時点 参考:IT media)

アメリカ(米国)カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くGoogleグループの企業です。

登記上の本部はスイス、アメリカ(米国) カンザス州 オレイサに本社を置くGPS / GNSS機器メーカーです。

使いたい機能を絞って、公式サイトなどで色々と情報を集めて吟味することが大切だと思います。また、不具合や故障に対する保証期間やサポート窓口がしっかりしているお店が良いかもしれません。

私の場合、正規販売店のAmazonで購入して機種に不具合があったため、Fitbitのサポートで丁寧に対応してもらえました。

▷関連記事:Fitbit Charge 5の電源が入らなくなった!再起動と問い合わせ編

販売価格は常に変動しているため、一概には難しいです。私はAmazonのプライム会員になっているので、ポイントを利用しながら購入しています。おそらくAmazonや楽天市場は相対的に安い方だと思います。

プロフィール

プロフィール背景画像
プロフィール画像

おかきソムリエ®︎

スマートウォッチダイエット専門

仕事柄、ほぼ毎日、お菓子(おかき・あられ・せんべい)を食べています。間食のカロリーが多くなってしまうため健康管理が必要不可欠。スマートウォッチと体重体組成計を使って体脂肪率や内臓脂肪レベル、BMIなどをチェックしながらダイエットに取り組んでいます。

本ウェブサイトに記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

・ウェアラブル端末、ウェアラブル活動量計、フィットネストラッカー、スマートバンドなどの意味を、すべてスマートウォッチと同義として述べています。あらかじめご了承ください。