Fitbit・Garmin・Apple Watch 比較レビュー

スマートウォッチで測る消費カロリー|METs(メッツ)を使った計算方法と精度を比較検証

Calories measured by smartwatch

歩く速度消費カロリーの関係を知ることはダイエットでも重要です。

スマートウォッチをつけて歩けば消費カロリーはリアルタイムで確認することができますが、

運動強度の指標である「メッツ(METs)」の値を使えば、おおよその数値を計算式で求めることも可能!

今回は、実際に私がスマートウォッチで計測した結果も交えて精度の比較検証をしてみました。

運動の種類によってメッツの値は異なります。

※計測使用機種:Apple Watch 5

【Apple Watch】アクティブカロリー100kcalのウォーキング|目標設定 編

スマートウォッチの消費カロリーと比較検証

スマートウォッチを操作する様子

私が普段の速度に近い4.3メッツ(時速5.6km)で計算すると下記のようになります。

メッツを使った計算式で算出
4.3 × 66 × 0.5 × 1.05 = 148.995kcal

*Met’s×体重×時間×安静時カロリー

詳しくは後述しています。

Apple Watch編

Apple Watchでの計測結果は仮定のスピードよりはやや遅い速度(時速約5.2km)になりますが、計算式の数値と近いことが確認できます。(下:写真参照)

Apple Watchの計測結果:約30分歩いた場合の消費カロリー(撮影写真)
Apple Watchでの計測結果

スマートウォッチで計測する消費カロリーの精度

スマートウォッチで計測した消費カロリーと、メッツを用いた計算方法で算出した数値は比較的近くなりました。

実際には歩く環境が異なるため、消費カロリーが多かったり少なかったりする場合もあるかもしれません。

しかしながら、数値がおかしいと言えるほどの誤差ではないため、逆に言えば精度は高いと言えます。

歩く時間
(約30分)
スマートウォッチ
(Apple Watch)
143kcal
Met’sでの算出
(4.3メッツ)
148.995kcal
※数値はあくまでも目安です。

次は、Met’sについて解説します!

メッツ(METs)とは

運動で消費するカロリーが、安静時の何倍に当たるかを表す単位として、「METs(メッツ)」が国際的な基準として使用されています。

座って安静にしている状態が 1 メッツ、時速4キロ程度の歩行は3メッツに相当します。

  • 座位安静時・・・1メッツ
  • 普通歩行・・・3メッツ

詳細については、国立健康・栄養研究所の公式サイトに改訂版「身体活動のメッツ(METs)表」が掲載されています

速度によってメッツの値が異なります!

消費カロリーの目安と計算方法

メッツ(METs)の数字を用いることでおおよその消費カロリーを算出できます。

消費カロリーの求め方(計算式)

メッツ × 体重(kg)× 時間(h)× 1.05

1.05」という数字の意味は安静時のエネルギー消費量を考慮する値になります。

1メッツ = 1.05kcal/kg/h

つまりは、安静時による成人体重1kgにつき1時間あたりのエネルギー消費量(kcal)を表しています。

次は速度と消費カロリーの関係を見ていきましょう!

速度と消費カロリーの関係(推定値)

私の場合、普段歩く速度は、時速5.2km〜6.0kmぐらい。

平均で考えると「時速5.6km」となります。

これをメッツ(METs)という単位で考えた場合、「4.3メッツ」となります。

歩く
(目安)
速度
(時速)
メッツ
(METs)
消費カロリー
(体重50kg)
とても
ゆっくり
3.2km2.052.5kcal
ゆっくり3.2〜
4.0km
2.8〜
3.0
73.5〜
78.8kcal
普通4.5〜
5.1km
3.591.9kcal
やや速い5.6km4.3112.9kcal
速い6.4km5.0131.3kcal
※消費カロリーは体重50kgの人が30分歩いた場合の推定値となります。

歩く場所は平坦な道のりを想定していますので、坂道や階段、信号待ちなどが含まれるとエネルギー消費量も増減します。

速度や時間、体重がそれぞれ異なれば消費カロリーも変わってきます。

メッツと体重から見る消費カロリー

下記は、体重が50kg・60kg・70kg・80kgの人が30分歩いた場合に消費するカロリーをメッツをもとに試算した結果表です。

消費カロリーの目安量(kcal/0.5h)

メッツ50kg60kg70kg80kg
3.078.7594.5110.25126.0
3.591.875110.25128.625147.0
4.3112.875135.45158.025180.6
5.0131.25157.5183.75210.0
資料:メッツ表をもとに作成

体重50kgの人が普通の速度(3.5メッツ)で歩いた場合

(例:1)
体重が50kgのAさんが、普通の速度(3.5メッツ)で30分歩いた場合、消費カロリーは下記の通り。

3.5 × 50 × 0.5 × 1.05 = 91.875kcal

体重50kgの人がやや速い速度(4.3メッツ)で歩いた場合

(例:2)
Aさんの速度をやや速い(4.3メッツ)にした場合、消費カロリーは112.875kcalに上がります。

4.3 × 50 × 0.5 × 1.05 = 112.875kcal

さいごに

今回はスマートウォッチで測る消費カロリーをメッツ(METs)での計算値と比較してみました。

普段、使っているApple WatchやGarmin、Fitbitのスマートウォッチ(活動量計)の精度は高いと感じています。

ただ、精度に関してはメーカーやモデルによって性能が異なるのも事実。

あくまでも計測機器なので、利用環境や装着状態に左右されることも考慮する必要があります。

この辺に関しては、ある程度の許容を含めて利用することも必要かもしれません。

METsの詳細について

メッツの詳細については、国立健康・栄養研究所の公式サイトに、改訂版「身体活動のメッツ(METs)表」が掲載されています。

【参考文献】
・麻美直美、川中健太郎(編)運動生理学 羊土社
・関根紀子(編・著)運動と健康 放送大学教育振興会

・寺田新(著)スポーツ栄養学 東京大学出版会

【参考サイト】

健康づくりのための身体活動基準2013」及び「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」について 厚生労働省

メッツ / METs(めっつ) e-ヘルスネット 厚生労働省

改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』 (独)国立健康・栄養研究所

※体重の数値は個人の平均値を利用しています。
※写真やイラストはイメージです。