Fitbit・Garmin・Apple Watch 比較レビュー

スマートウォッチのストレス測定|おすすめ3大メーカー精度比較|健康管理機能 編

Stress Check and Coping by Smart Watch

健康管理機能のひとつとして“ ストレスチェック ”ができるスマートウォッチ。

デバイスに搭載されたセンサーが身体反応を捉えて振動通知で教えてくれます。

メーカーによって仕様が違うため、今回はおすすめの3大メーカー(Apple Watch、Fitbit、Garmin)で比較してみました。

ストレス測定機能付きのスマートウォッチが気になっている方の参考になれば幸いです。

精度においては感想を書いておきました。

ストレスと睡眠は密接な関係にあるため、ほとんどのデバイスは睡眠トラッキング機能も一緒に搭載されています。

*所有する各社のデバイス(AppleWatch5、FitbitSense2、GarminVenu2S)を使用しての感想となります。

Fitbit・Garmin・Apple Watch レビュー|どれがおすすめ?機能比較 編

ストレスチェックとコーピング

誰にも大なり小なり存在するストレスですが、上手く付き合っていくためには『ストレスへの気づき』が大切と言われています。

忙しい毎日の中で知らず知らずのうちにストレスが溜まっている方も多いのではないでしょうか。

ストレスに早く上手に対処することができれば、ストレス反応への負荷軽減や緩和が可能なため、このあたりに “ ストレス測定機能の意義 ” があると感じています。

ストレスに対処する行動を「ストレスコーピング」と言います。

人それぞれストレスの原因や感じ方は違いますが、ストレス反応の仕組みは発生メカニズムは共通。

Mechanism of Stress ストレッサー ⇒ 認知的評価・対処能力 ⇒ ストレス反応
(解説図:作成 おかきソムリエ)
※解説図はイメージです。

出来事に対してどのように受け止め、対処できるかで心身へのストレス反応の度合いが異なってきます。

スマートウォッチの機能では、主に深呼吸(ブレスワーク)やマインドフルネス(瞑想)などのセルフケアが中心。

日々の生活のなかでリフレッシュやリラックスするためにもストレス管理機能を積極的に使いたいものです。

ストレッサーによって過剰なストレスが慢性的にかかると心身へのさまざまな悪影響が考えられるため、健康を維持するにはうまくストレスコーピングすることが必要になります。

出典:e-ヘルスネット(厚生労働省)

●参考:CLARINETへようこそ(文部科学省)

マインドフルネスのブレスワーク機能

Mindfulness-Meditation

Fitbit を例にすると、ストレスに対する対処法として下記の4つが紹介されています。

  • 睡眠 Sleep
  • 活動 Activity
  • マインドフルネス Mindfulness
  • 栄養補給 Nutrition

マインドフルネス』に関する方法として 、代表的なのが“ ブレスワーク(深呼吸)”。

ストレスが高い緊張した状態では、呼吸が浅くなったり心拍数が速くなります。

深呼吸は心身をリラックスさせる効果があるとされ、比較的短い時間でできるのも魅力。

ブレスワーク機能が備わっていることに合点がいきます。

3社ともブレスワーク機能が搭載!

特に腹式呼吸は、副交感神経系の活動を賦活させる効果があることが医学的にも確認されている。

出典元:文部科学省 CLARINETへようこそ

なお、“ 睡眠 ” が最も大切と言われているので、睡眠計測機能も併用できれば理想です。

スマートウォッチ睡眠計測|おすすめ3大メーカー精度・機能比較 レビュー編

Fitbit のストレスマネジメント機能

ストレスを感じると心拍数(heart rate)が上昇したり、皮膚の汗の量が変化します。

この性質を利用して、光学式心拍計EDA(皮膚電気活動)センサーでストレスの状態を把握。

  • 心拍数の変化・・・光学式心拍センサーで検知
  • 発汗作用の変化・・・EDA(皮膚電気活動)センサーで検知

ストレスと心拍数は深い関係性があるため、心拍数を目安にリラックスできる時間を積極的に取り入れることが推奨されています。

●参考:Fitbit 公式サイト ストレスマネジメント

ストレス管理の新機能

1日(24時間)の生活で起こる出来事は多岐にわたります。

ストレス管理(ストレスマネジメント)ができるスマートウォッチとして注目されている『 Fitbit Sense 2 』には身体反応の終日計測機能のための “ cEDA(継続的皮膚電気活動)センサー ” が搭載されました。

Fitbitのリフレッシュ機能

何らかのストレスを検知した際は、上の画像のように通知によって“ リラックス ”や“ 気分の振り返り ”、“ ウォーキング ”の提案を行ってくれます。

  • リラックス
    (ガイド付き呼吸セッション)
  • 気分の振り返り
    (今の気分を記録)
  • ウォーキング
    (散歩)

機能の感想や評価についてはレビュー記事をご覧ください。

Fitbit Sense 2 新機能レビュー!cEDAセンサーの使用感と個人的評価 編

\ 終日計測機能搭載 Sense 2 /

2022年9月29日発売モデル

Garminのリラックスリマインダー機能

Indication of stress level

Garmin公式サイトによると心拍変動(HRV)の “ 心拍のゆらぎ ” を検知してストレス度合いを測定。

リアルタイムでストレスレベルを確認できるほか、ストレスが高い状態を検知するとリラックスリマインダーがデバイスの画面に表示されます。

ブレスワーク機能があるので、上手に活用できればリラックスに有効。

ガーミンのリラックスリマインダーの画面(本人デバイスより)
リラックスリマインダーの画面
ブレスワークアクティビティの画面(本人デバイスより)
ブレスワークの画面

下のグラフ画面は私の1日のストレスの推移を表したデータ。

グラフによって、休息とストレスが高い状態の違いがはっきりわかるので、ストレス度合いを振り返ることができます。

ガーミンで計測したストレスレベルのグラフ(本人データ)
ストレスレベルのグラフ(本人データ)

●参考:ガーミンヘルスガイド(ストレス)

ガーミンのストレス機能についてはレビュー記事もご覧ください。

ガーミンのスマートウォッチで見るストレスレベルと平均スコア|健康管理 編

\ リラックスリマインダー搭載 Venu2 /

2021年6月1日発売モデル

Apple Watchのマインドフルネス機能

Apple Watchにはストレスを可視化するグラフやスコアはありませんが、必要と判断した際に「少し時間を取りましょう」と通知が入ります。

Apple Watchの通知(マインドフルネス機能)の画面(スクリーンショット:本人データ)

これも何らかの反応が身体で起こっているということを気づかせてくれる機能。

Apple Watchにもリラックスを促す『マインドフルネス機能』があり、「リフレクト」と「深呼吸」が選択できる仕組み。

リフレクトとは、あるテーマに対して “ 思考を集中させる取り組み ” です。

Apple Watch Reflective Flow(イメーズ図:本人作成)

リフレクトの実施時は毎回与えられるテーマは変わります。

Apple Watchの「マインドフルネス」Appは、1日の中で数分間、呼吸をしながら集中力を高め、自分に注意を向けるための時間を確保するように促します。

出典元:Apple公式サイト

詳しい使い方は公式サイトを参考にしてみてください。

●参考:Apple Watchを使ってマインドフルネスを実践する

\マインドフルネス機能搭載 Apple Watch 8 /

2022年9月16日発売モデル

ストレス測定ができるおすすめのスマートウォッチ

Apple-Watch8

ストレス測定の精度を検証したデバイスは、所有するApple Watch 5、Fitbit Sense2、Garmin venu2S。

Apple Watchは最新のシリーズ8を参考に価格の比較表を作っておきましたので、参考にしてみてください。

Fitbit
Sense 2
Garmin
Venu2S
Apple
Watch 8
(45mm)
画像sense2venu2sApple Watch8
ストレス
測定機能
ありありなし*
リラックス
機能
ありありあり
メーカー
参考価格
32,800円56,800円64,800円
Amazon
販売価格
価格を見る価格を見る価格を見る
楽天市場
販売価格
価格を見る価格を見る価格を見る
※2022年12月24日現在

Venu2シリーズはSサイズを参考。

*Apple Watchにはストレス測定機能の純正アプリはありませんが、心拍数などのデータをもとに「マインドフルネス機能」でリラックスを促してくれるため、バックグラウンドで働いてくれているイメージだと考えて下さい。

【初めてのスマートウォッチ】Fitbit おすすめ最新モデル3選|機能比較 2023 編

【ガーミン新作 2023】おすすめ厳選モデル5選|スペック比較 編

ストレス測定精度の感想

ストレスチェック機能を利用する様子(イメージ画像)

ストレス測定の精度については、センサーが検知する様子を目では見ることができないため、あくまでも私の感想ですが体感から3社とも精度においては非常に高いという印象です。

自分自身がストレスを感じていると認識できる時は、だいたい振動や通知が入ります。

それだけセンサーが検知した時と、本人が感じた時のタイミングが近いと言えます。

ストレスが見えると対処しやすい!

Garminの愛用デバイス(Venu2S)では、リアルタイムでストレスレベル(数値)を確認できるため、

案の定ストレスの数値が高くなっている…。」というケースが多く、

Fitbit(Sense 2)もcEDA(継続的皮膚電気活動)センサーが的確に身体反応を捉えてくれます。

Apple Watchは、ここぞとばかりにリラックスを促してくれるといった印象。

いずれも日本での上位シェアを占める人気メーカーだけに精度への安心感があります。

Fitbit・Garmin・Apple Watch レビュー|どれがおすすめ?機能比較 編

ひとこと

スマートウォッチのストレス計測機能は使ってみて意外に役立つことに気づきました。

余裕があるときはマインドフルネス瞑想や深呼吸、散歩などを取り入れています。

しかし、本当に忙しい時は休憩を取ることを忘れてしまいがちで、リラックスリマインダーがあると本当に助かります

メーカーによって仕様は異なりますが、共通して言えることはストレス反応への軽減や緩和を図ることが目的。

睡眠トラッキング機能と併用しながら生活習慣を見直すきっかけになるのは嬉しいポイント

ストレス計測機能を使うことで、日常生活にゆとりが持てれば利用価値はさらに高まると思います。

ぜひ、自分自身のストレスへの反応をスマートウォッチで体験してみてください。

スマートウォッチの選び方|比較から学んだポイント!おすすめメーカー 編

▼参考サイト

・Fitbit 公式サイト https://www.fitbit.com/global/jp/home

・Garmin 公式サイト https://www.garmin.co.jp/

・Apple 公式サイト https://www.apple.com/jp/watch/

・厚生労働省 こころの耳 https://kokoro.mhlw.go.jp/

・文部科学省 心のケアの基本 https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/010/003.htm
・日本看護協会 公式サイト https://www.nurse.or.jp/
・「良い睡眠で、からだもこころも健康に。」スマート・ライフ・プロジェクト 厚生労働省
 https://www.smartlife.mhlw.go.jp/minna/sleep/

▼参考文献

・栄養科学イラストレイテッド運動生理学 麻美直美・川中健太郎(編) 羊土社
・第6版 補訂 基礎運動学 中村隆一・齋藤宏・長崎宏(著)医歯薬出版株式会社
・図解 眠れなくなるほど面白いストレスの話 ゆうきゆう(監修)日本文芸社

※記載の内容は執筆時の情報です。
※写真やイラストはイメージです。