Fitbit・Garmin・Apple Watch 比較レビュー

ストレッチングの消費カロリーはどのくらい?AppleWatchワークアウト(柔軟体操) 編

Stretching and calories burned

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

実は短時間のストレッチングでもカロリーを消費することは可能です。

ストレッチングで「どのくらいのカロリーを消費できるのか?

目安としては、体重50kgの人で15分のストレッチングで約30キロカロリー!

個人差はありますが、Apple Watchのワークアウト(柔軟体操)で計測して行うと、いつも50 kcalぐらいは消費しています。

証拠はスクリーンショットしておきました!

この記事がストレッチングの効果や消費カロリーの目安や参考になれば幸いです。

※計測機種:AppleWatch 5、iPhone SE 3

Apple Watchのアクティブカロリーとは?消費カロリー100 kcalのワークアウト 編

ストレッチとストレッチングの違いとは?

ストレッチの様子(イメージ画像)

まずは、「ストレッチ」と「ストレッチング」の違いを理解しておきたいと思います。

  • ストレッチ・・・伸ばすという意味
  • ストレッチング・・・筋肉を伸ばす柔軟体操

ストレッチング(Stretching)は、柔軟性を高める目的としてアメリカで生まれた運動。

国際的な指標(メッツ表)にも「ストレッチ(stretching)」の項目があります。

アメリカのボブ・アンダーソンによって開発されました!

ストレッチングの種類

座姿勢でストレッチをする様子(イメージ画像)

ストレッチングには、「静的ストレッチング」と「動的ストレッチング」の2種類があります。

  1. 静的ストレッチング(スタティックストレッチング)
  2. 動的ストレッチング(ダイナミックストレッチング)

静的ストレッチングは反動を使わずに筋肉を伸ばすのに対して、動的ストレッチングは血流を促し筋肉を活発にさせるといった違いがあります。

次にストレッチングの効果を確認します。

ストレッチングの効果

ストレッチングの主な効果は、柔軟性の向上を図り、筋肉や関節を動かしやすくするメリットがあります。

ここでは主なものを紹介しています。

  • 柔軟性を高めて可動域を広げる
  • 血流を促し筋肉を活発にさせる
  • 身体状態を確かめて怪我の予防に繋げる
  • リラックス効果を高めて緊張をほぐす

目的によってストレッチングの効果は異なり、効果には個人差があります。

体重別での消費カロリーも算出しておきました。

ストレッチングで消費するカロリー

背中や脚のストレッチをする様子(イメージ画像)

では、「ストレッチングで消費するカロリーってどのくらい?

ストレッチングのメッツ値は【 2.3 】です。

体重50 kgの人が15分間、ストレッチングを行った場合は下記の通り。

計算式:2.3×50×0.25×1.05=30.1875 kcal

種類メッツ15分
ストレッチング
(ゆったり)
2.3約30 kcal
ウォーキング
(ゆっくり)
2.8約36 kcal
資料:メッツ表をもとに作成
メッツを使った計算式

メッツ(METs)×体重(kg)×時間(h)×1.05=消費カロリー(kcal)

●参考資料:身体活動のメッツ(METs)表 国立健康・栄養研究所

メッツの値は国際的な指標となっています。

【体重別】ストレッチングの消費カロリー表

体重15分30分
40kg19 kcal48 kcal
50kg30 kcal60 kcal
60kg36 kcal72 kcal
70kg42 kcal84 kcal
80kg48 kcal96 kcal
資料:メッツ表をもとに作成(小数点以下切り捨て)

理論上、体重50 kgの人が15分間のストレッチングを1日に3回行うと、約100 kcalを消費できることになります。

100 kcalは、ご飯なら約0.5 杯分(60 g)に相当します。

意外と少ないと感じるかもしれませんが、ご飯を半分に減らすよりは嬉しいかもしれません。

おせんべいなら約2枚分!

スマートウォッチの消費カロリー計測|METs(メッツ)を使った計算値との精度比較 編

AppleWatch(ワークアウト)でストレッチング検証

Stretching with AppleWatch

ストレッチングで消費カロリーを計測するには、「AppleWatchのワークアウトのどれを使うの?」と時々聞かれますが、

ストレッチストレッチングという項目は今のところありません。

近いところで言えば、“ 柔軟体操 ” か “ クールダウン ” などでしょうか。

私は基本、柔軟体操で目標時間を15分に設定をして静的ストレッチングを行っています。

Apple Watchでのワークアウト(柔軟体操)の選択画面:本人のスクリーンショット
Apple Watch(画面)
Apple Watchのワークアウト(柔軟体操)で15分の消費カロリー(本人データ)
柔軟体操の消費カロリー(本人データ)

体重とMet’sなどを加味すると理論上では消費カロリーは35 kcal程度ですが、

下記の画像の通り55 kcalと意外と消費することがわかります。

エクササイズのリング完成にも役立つのでおすすめ!

Apple Watch ムーブゴールの目安と平均!消費カロリーと設定方法 編

\最新モデル Apple Watch 8/

ストレッチングの注意点

専門コーチをストレッチをする様子(イメージ画像)

個人差はあるかと思いますが、実際にストレッチングをしっかりと行うようになってからは捻挫や関節痛、筋肉痛などの症状が減った覚えがあります。

ストレッチングには注意点があり、正しく行わないと逆効果になってしまいかねません。

必ず無理をしない程度で行うこと。はじめはゆっくりと行い、徐々に可動域を広げていくようなイメージで。

ここで紹介するのは、あくまでも主な注意点です。

  1. 呼吸を止めないこと
  2. 痛みを感じるまでしないこと
  3. 大きな反動を使わないこと
  4. ゆっくりとはじめること
  5. 安定した場所で行うこと

呼吸を止めると筋肉が緊張状態になりやすいので、息を止めないようリラックスしましょう。

筋肉は温度によって柔軟性が違ってくると言われています。軽めのウォーキング後や入浴後に行うのもおすすめ!

さいごに

ストレッチングは、消費カロリーを積み上げるだけでなく柔軟体操や準備運動として役立ちます。

私は仕事柄、ほぼ毎日、お菓子(おかき・あられ・せんべい)を食べるため、ストレッチングの消費カロリーは意外と無視できません。

気軽にできるストレッチングは、ウォーキングと合わせて行うことでダイエット効果が期待できます。

また、ストレッチングに関する面白い情報があれば、随時、追記していきたいと思います。

Apple Watch 8 と SE(第2世代) おすすめはどっち?スペック・機能比較 2023 編

(注)怪我をしている場合は、必ず専門医の相談してから行うようにして下さい。
※写真やイラストはイメージです。