ガーミンの睡眠スコアと精度を分析|GARMIN Connect編

Garmin Sleep Score

スマートウォッチの睡眠スコアは「睡眠の質」を改善するために役立ちます。

私自身も出来るだけ睡眠時間を確保していますが「長く寝たのにスッキリしていない」といった時があります。

そのような理由で、ほぼ毎日、スマートウォッチで「睡眠スコア」を確認しています。

今回は、GARMINの睡眠トラッキング機能の精度を検証してみました。

計測画面は、ガーミンのアプリ「GARMIN Connect」をスクリーンショットしています。

ご興味があれば参考にして頂けると幸いです。

一番気になる点は精度ですね!

※計測に利用したスマートウォッチはGARMIN Venu2Sです。

【Amazon 公式】Garmin Venu2(スマートウォッチ GPS)

ガーミンの睡眠スコアについて

Sleeping

ガーミンの睡眠スコアの精度はいったいどのくらいか。

これは「睡眠の質」にこだわる私にとっては、最も気になるポイントです。

GARMIN公式サイトによると、睡眠スコア(0〜100)は下記のように4つに分類されています。

  • よく眠れている・・・100点
  • 良好・・・80〜99点
  • まあまあ・・・50〜79点
  • よく眠っていない・・・0〜49点

100点を取るのは難しいかもしませんが、90点以上は目指したいところです。

睡眠スコアを見れば、昨夜の睡眠の質が一目でわかります。スコアは心拍数、血中酸素レベル、体の動き、睡眠の段階などから算出されます。寝る前の行動など生活を見直して、100点満点の睡眠を目指しましょう。

出典:Garmin公式サイト

GARMIN Connectの睡眠計測画面

下の写真は、ガーミンの睡眠結果を専用アプリ「GARMIN Connect」で開いたメイン画面です。

中央に合計睡眠時間が「8時間5分」であったことがわかります。

各割合は「深い・浅い・レム・覚醒」の4項目で時間が表示されています。

画面を下にスクロールするとグラフ表示(睡眠段階のタイムライン)が確認できます。

ここで気になる「覚醒(かくせい)」のピンクの棒グラフですが、この時間帯は夜中に目が覚めて、トイレに行った時間を表しています。

覚醒とは「眠りから目が覚めている状態」を意味しています。

このあたりは、実際の行動をしっかりと捉えてくれていると感じます。

※今回は「動き」「血中酸素」「呼吸数」の項目は割愛させて頂きます。

睡眠スコアの画面をチェック

続いて「睡眠スコア」の画面を確認してみます。

睡眠スコアは、100点満点中【 92点 】でしたので「非常に良い」との高評価をいただきました。

GARMINは、心拍変動(HRV)、呼吸数、心拍数、寝返り数、睡眠時間などを考慮して睡眠の質を分析し、点数が決まるようです。

この睡眠スコアの画面をさらに下にスクロールすると下記のように表示されます。

睡眠時間をはじめ、ストレスレベル、深い、浅い、レム、中途覚醒、安定性、メモの項目で評価が行われています。

スクロール画面の最後に「メモを追加」という機能がありますので、トイレにいった回数や夢の記録などに利用できて良いと思います。

睡眠中の「ストレスレベル」は夢を見た際はどのようになるか興味深いところです。

レム睡眠とノンレム睡眠の違い

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉は耳にする機会が多いですが、簡単に説明すると下記の通りです。

  • レム睡眠・・・脳の働きが活発な状態
  • ノンレム睡眠・・・脳が休んでいる状態

ノンレム睡眠には【深い睡眠期】と【浅い睡眠期】があります。

基本的には睡眠初期は深い睡眠期が多く、睡眠後半になると浅い睡眠期とレム睡眠期が多くなります。

ノンレム睡眠では、脳を休ませるだけでなく、体温・血圧・脈拍・呼吸数など連動して、全身を休息させる大切な期間です。

GARMIN Connectの場合、ノンレム睡眠は「深い」と「浅い」で表示されています。

【Amazon 公式】Garmin Venu2(スマートウォッチ GPS)

GARMINの睡眠スコアの精度について

朝の目覚めの様子(イメージ画像
)

GARMINの睡眠アプリの精度は「まあまあ」という感じです。100点満点で点数をつけるとすれば私の感覚では80点あたりでしょうか。

正しい睡眠スコアを得るには、あらかじめユーザー設定で就寝時刻と起床時刻を入力するようなっています。

もしも、計測結果と実際の時間にズレがある場合は、編集画面から修正することが出来きます。

実際に約2ヶ月間試してみたところ、特に問題はなく、たまに修正を行う程度でした。

睡眠トラッキング機能は、光学式心拍計と加速度センサーで眠りの状態を推測する機能のため、あくまでも目安として捉える必要があるかもしれません。

おまけ:比較するとすれば

GARMINの睡眠トラッキング機能は、十分に参考にできる項目があり満足しています。

ただ、他のメーカーの機器(アプリ)を比べてみると使い勝手や表示項目や方法などとは違いあります。

こればかりは相性があると思うので、良し悪しは判断できませんが、好みは分かれるところだと思います。

あえて点数をつけて比較すると、Fitbitアプリは90点。Apple Watchで利用している睡眠アプリはサードパーティアプリ「AutoSleep」のため対象外としますが、純正アプリで「入眠〜目覚め」までの記録時間だけで考えると85点位となります。

  • Fitbit・・・90点
  • Apple Watch(純正)・・・85点
  • GARMIN・・・80点

睡眠アプリの評価分析は、入眠から目覚めまで間の実際の行動を結果と照らし合わせて考えています。あくまでも私の個人的な評価ですので、あらかじめご了承下さい。

睡眠トラッキング機能の精度をはじめ、表示項目や表示方法は三者三様です。

Fitbitアプリの場合、同じ年齢で同じ性別の他の人の平均データと比較できる「ベンチマーク」の表示項目があります。

これが私にはとても参考になるので、やや高評価となっています。

睡眠は、ダイエットの質にも関わるためしっかりと休めるように工夫していきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。当ブログが何かの参考になれば幸いです。

▼おすすめの関連記事

Sleep stageFitbitの睡眠トラッキング機能は高精度?|睡眠レベルとグラフ

睡眠トラッキング機能については気になる点を見つけたら、随時、追記できればと思います。

【参考文献】

・内田直(著)安眠の科学 日刊工業新聞社
・宮崎総一郎、林光緒(編著)改訂版 睡眠と健康 放送大学教育振興会

【参考サイト】

眠りのメカニズム e-ヘルスネット(厚生労働省)
ガーミン ヘルスサイエンス

ガーミン ヘルスガイド

※写真やイラストはイメージです。