GARMIN Venu2/2Sのヘルススナップショットの計測結果と感想

GARMIN Venu2-2S

Garmin Venu2/2Sに搭載された「ヘルススナップショット」について感想をまとめてみたいと思います。

ヘルススナップショットとは、心拍数血中酸素濃度呼吸数ストレスレベルの4つの項目を一度で計測できる機能です。

毎日の状態をレコーディングすることで日々の調子をアプリでデータ管理することができます。

今回は実際の計測画面を例に交えて感想をまとめてみたいと思います。

安静に計測できなかったパターンも紹介しています。

【Amazon 公式】Garmin Venu2(スマートウォッチ GPS)

ヘルススナップショットとは

GARMINヘルススナップショットの説明画像:製作(出典:GARMIN公式サイト)

GarminのヘルススナップショットはVenu2/Venu2Sで新搭載された健康管理機能です。

2分間の計測で下記の4項目を調べることができます。

  • 平均心拍数
  • 平均血中酸素レベル
  • 平均ストレス
  • 心拍変動データ

ヘルススナップショットは自動設定は出来ないため、手動で計測する必要があります。

私の場合、GARMINのVenu2Sを装着して寝た際は、寝起きに深呼吸をしながらクールダウンを兼ねてよく利用しています。

もっとも気になるのは血中酸素レベルかもしれませんので、実際の測定画面を次に紹介します。

ヘルススナップショットの使い方

ヘルススナップショットの使い方は、メニューから項目を選択してスタートのボタンを押すと始めることができます。

下の写真は実際に私が計測中の画面を写真に撮ったものです。

画面(上)が血中酸素濃度、中央(左)がストレスレベル、中央(中)が心拍数、中央(右)が呼吸数、画面(下)の数字が計測時間です。

実際のヘルススナップショット計測中の画面(撮影写真)
ヘルススナップショット計測中の画面

装着状態が悪いと血中酸素濃度が95%を下回ることがありますので「血中酸素濃度が低い!自分は大丈夫か?」と不安になってしまうことがあります。

ヘルススナップショットを使う際は、ベルトを「ややきつい!」くらいにしっかりと装着すると血中酸素濃度の精度が幾分上がっています。

ポイントは、計測中はしっかりと呼吸をすること!

深呼吸をするつもりで意識していると血中酸素濃度の精度が高まるような感じがしました。

これを安静な状態というかは微妙なところですが、パルスオキシメーターのような医療機器ではないので、多少の誤差は仕方ありません。

下の写真は計測後の結果画面です。

平均心拍数は62bpm、平均血中酸素濃度は96%、平均呼吸数は13brpm、平均ストレスは23でした。

なお、ストレスレベルは「1〜100」の数値で高くなるほど、ストレスが高いということになります。

実際のヘルススナップショット計測結果の画面(撮影写真)
ヘルススナップショット計測結果の画面

ヘルススナップショットの注意点

Venu2/2Sのコンセプトは「ココロとカラダ」。そういったこともあって健康管理機能としてヘルススナップショットが搭載されたのではないかと思います。

心拍数・血中酸素濃度・呼吸数・ストレスレベルを確認する間は、2分間の安静を保つ必要があります。

この2分間では呼吸を意識してリラックスをするため、計測データを取る間の時間がマインドフルネスに近い状態となることにも意義があるかもしれません。

なお、下のデータ表はGARMINのアプリ「Garmin Connect(ガーミンコネクト)」からPDFでダウンロードした私の計測結果データです。

ヘルススナップショットのダウンロードデータ(撮影写真)
ヘルススナップショットの計測データ

本当は2分間の安静が必要なのですが、計測中に子供たちが騒いでいたので怒ってしまいました。そのため、途中から心拍数とストレスレベルが上がっているのがグラフで見て取れると思います。

あえて変化のあるデータを例にさせて頂きましたので、ヘルススナップショットの精度の目安と参考になればと思います。

計測する際は、できるだけ静かな場所でゆったりとした気分でする方がおすすめです。

血中酸素トラッキングの仕組み

GARMIN Venu2/2Sでは、赤色LEDライトと赤外線ライトを利用して、血中ヘモグロビンのライトの吸収状態をセンサーで読み取り計測しています。

詳しくは、公式サイトのこちらのページをご覧下さい。

【Amazon 公式】Garmin Venu2(スマートウォッチ GPS)

感想

Garmin Venu2のヘルススナップショット画面他(出典:Garmin 公式サイト)
出典:Garmin 公式サイト

GarminのVenu2/2Sシリーズの最大の魅力とも言うべきヘルススナップショット。

この機能を1日の休憩時間などに使うことで、ストレスを回避するきっかけを作ったり、適度な運動やリフレッシュを取り入れることに役立つと思います。

血中酸素トラッキング機能やブレスワーク機能なども単体で利用することもできるので、シーンにあわせて使い分けてみて下さい。

ヘルススナップショットで気づいた点があれば随時、追記していきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。当ブログが何かの参考になれば幸いです。

【参考サイト】

GARMIN 公式サイト

※写真やイラストはイメージです。