Amazon プライムデー開催!2024.7.16-17

睡眠トラッカーおすすめモデル比較対決!Fitbit vs Garmin 2024 編

Use-of-sleep-trackers

記事内に広告を含みます

睡眠トラッカーでおすすめなのが、Fitbit(フィットビット)とGarmin(ガーミン)。

睡眠計測以外も色々使えますが、精度が高いので 睡眠トラッカー としても最適です。

今回、選んだ機種はスマートバンドタイプの「Fitbit Inspire 3 」と「 Garmin vívosmart 5」。

睡眠中に装着するには最適なサイズです!

両機種の睡眠トラッキング機能を中心に特徴を比較してみました。

※比較機種:Fitbit Inspire 3、Garmin vívosmart 5

スマートウォッチ睡眠計測の精度比較!3大メーカーのレビュー 編

睡眠トラッカーとは

Use of sleep trackers

睡眠トラッカーとは、睡眠時間のみならず「眠りの質を測定してくれる睡眠トラッキング機能が装備されたウェアラブルデバイス。

光学式心拍センサー加速度センサー が検知して記録する仕組みです。

使い方は簡単、手首に装着して寝るだけ。

朝、起きたら自動的にアプリと同期してくれるのでスマホで詳細な内容を確認できます。

主なスペックで比較してみました。

スペック比較表(Inspire3 vs vivosmart 5)

Sleep Trackers(Fitbit vs Garmin)

メーカーが違うので比較はやや難しいですが、主な仕様を比べてみました。

どちらも約1週間ほど持つバッテリーライフは嬉しいポイント!

バンドも腕に優しいシリコン系タイプ。

大きく違う点は、ディスプレイがカラーかモノクロかと言ったところでしょうか。

Inspire 3vívosmart 5
画像Fitbit Inspire3Garmin_vivosmart5
ディスプレイカラーモノクロ
厚み11.75mm12.7mm
重量17.69gS/Mサイズ
24.5 g
バッテリー最大10日約7日間
バンド素材シリコンシリコン
ベゼル素材ポリカー
ボネート
ポリカー
ボネート
公式サイト
参考価格
12,800円21,800円

Fitbit Inspire 3(インスパイヤ3)

Fitbit Inspire3とアプリの画面(イメージ画像)

Inspire 3は、Fitbitのなかでも最も軽く小さいサイズ。

2022年9月15日に発売されたエントリーモデル

参考価格も12,800円(税込)と初めて使う方にも嬉しい価格です。

計測した睡眠記録は下記のような画面で見ることができます。

Sleep record by Fitbit(本人データ)

深い眠りがどのくらいなのか、一目でわかる睡眠ステージの表示画面です。

時間の経過とともに眠りの高低があり、それぞれのステージがどの時間帯に起こっているかが確認できます。

有料プランの「Fitbit Plemium(有料)」に加入すると、より詳細な内容をチェックできます。

Fitbit Premiumでは何ができる?無料と有料で使える機能の違い 編

\ Fitbit Inspire3 /

次はアスリートにも人気のガーミン!

Garmin vívosmart 5 (ヴィヴォスマート 5)

Garmin vivosmart 5とアプリの画面(イメージ画像)

vívosmart 5は、Garminの数ある機種のなかでも数少ないスマートバンドタイプ。

基本的な機能は上位モデルと比べても遜色のない充実ぶり。

発売日は2022年4月22日(金)に発売で、参考価格は21,800円(税込)

多機能で有名なGarminアプリ『 GARMIN connect 』を気軽に利用できるのが最大の魅力。

睡眠記録は下記のような画面で確認することができます。

garmin Sleep-timeline(本人データ)

こちらも【 深い・浅い・レム・覚醒 】と色分けされて、わかりやすいグラフ表示です。

就寝から起床までの状態をグラフ化してくれます。

\Garmin vívosmart 5/

ガーミンの睡眠スコアと精度!深い睡眠の理想の割合は13%~23% 編

FitbitとGarminどっちがおすすめ?

睡眠中の様子とおすすめの睡眠トラッカー(イメージ画像)

Inspire 3vivosmart 5 」どっちがおすすめ?

最終的には好みの方を選ぶのが良いと思いますが、

ポイントに絞って考えてみると、眠りが浅い時に起こしてくれる機能(スマートアラーム)があって、

軽さとカラーディスプレイなどを考えるとFitbit Inspire 3 がおすすめ!

Fitbitの睡眠トラッキング機能は高精度!睡眠スコアの目標は平均80点以上!睡眠グラフ比較 編

ガーミンも睡眠機能は豊富!

対して、Apple(iPhone)のとヘルスケアAppと連携できる人気のアプリ、

GARMIN Connect 』を使ってみたい方は、Garmin vívosmart 5 が良いかもしれません。

garmin-sleep-assessment(ガーミンの睡眠アドバイス)本人データ使用

睡眠スコアは 0~100 で評価され、スコアの範囲に応じてアドバイスの確認も可能です。

ガーミンの睡眠スコアと精度!深い睡眠の理想の割合は13%~23% 編

さいごに(アプリとの相性で選ぶのもあり)

スマートバンドを睡眠トラッカーとして使うことを優先する場合、薄くて小さく軽いものが理想的。

Fitbit と Garmin では色々な測定が可能なので、慣れてきたら日中のアクティビティ計測も楽しめます。

特に初めての方なら、アプリの使い方や機能を体験するには最適な機種だと思います。

ぜひ、高性能で高精度の睡眠トラッカーで “ 睡眠の質 ” を確かめてみてください。

どちらも体験から言って精度は高いので、安心して計測できると思います。

スマートウォッチ睡眠計測の精度比較!3大メーカーのレビュー 編

▼参考サイト

・Fitbit 公式サイト https://www.fitbit.com/global/jp/home

・Garmin 公式サイト https://www.garmin.co.jp/

▼参考文献

・内田直(著)安眠の科学 日刊工業新聞社

・西野精治(監修)図解眠れなくなるほど面白い睡眠の話 日本文芸社
・宮崎総一郎、林光緒(編著)改訂版 睡眠と健康 放送大学教育振興会

※評価はあくまでも個人的な感想です。
※写真やイラストはイメージです。