Fitbit・Garmin・Apple Watch 比較レビュー

Fitbit 最新モデル Charge 6と5の違い!おすすめはどっち?スペック・機能比較 2024 編

Fitbit-Charge6

記事内に広告を含みます

Fitbit(Googleグループ)の新作モデル「 Charge 6 」が登場!

特に人気を誇るGPS搭載のフィットネストラッカー。

今回は光学式心拍センサーが進化。

そして、予想通りサイドボタンを搭載。

これにより、より計測精度と操作性の向上が図られることになりました。

Fitbit Charge6のイメージ画像

Fitbit Charge 6の発売日は2023年9月29日。参考価格は23,800 円(税込)。

\Fitbit Charge 6/

主なスペックの違い

fitbit-Charge6 vs Charge5(新旧モデルの比較画像)

Charge 6と旧モデルのCharge 5の主なスペックの違いは、センサー精度の向上と物理ボタンの採用という点で魅力が増した点にあります。

Charge 6Charge 5
イメージ
画像
Charge6Fitbit-Charge-5
本体
サイズ
22.8 ×
36.8mm
22.8 ×
36.8mm
本体
重量
15 g15 g
表示形式AMOLEDAMOLED
タッチ
操作
対応対応
バッテリー最大7日最大7日
GPS内蔵
ダイナミック
内蔵
ダイナミック
発売日2023年
9月29日
2021年
9月28日
参考価格
(税込)
23,800円19,800円
参考:Fitbit公式サイト

重量

デバイス本体の重量は 15g。使用するバンドによって総重量は異なりますが、デフォルトのインフィニティベルトで 29g、スポーツバンドで 27g。( Fitbit Charge 5で筆者が測定した数値です。)

おおよそ総重量は30g

搭載センサー

Fitbitのトラッカータイプ史上で最も精度が高い」と謳われるFitbit Charge 6に搭載されているセンサーなどは下記の通りです。

  • 光学式心拍数トラッカー
  • ECGアプリとEDAスキャンアプリに対応した多目的電気センサー
  • 酸素飽和度(血中酸素ウェルネス)モニター用赤色および赤外線センサー
  • 運動パターンを追跡する3軸加速度計
  • 周辺光センサー
  • GPS受信機とGLONASS内蔵(ワークアウト時に位置情報を追跡します)
  • 振動モーター

ECGアプリは日本では認可が出ていないため使えません。(2024年1月20日現在)

GPS機能については、ダイナミックGPS方式のシステムが継承されています。

FitbitのGPS精度!Fitbit Charge 5 / 6 のダイナミックGPSの仕組み 解説 編

デザイン

デザインには大きな変更がありませんでしたが、シンプルなデザインはそのままに新たにサイドボタンが左側に搭載されました。

流線型の仕上げで非常に使いやすく、フィットネスシーンにも快適なデバイスだと思います。

Fitbit Charge 6のサイドボタンの位置を解説している図(作成者:おかきソムリエ)

なんと!EDAセンサーとの共存でした!

EDAセンサーはストレスチェックに重宝する機能で、計測中にリラックスしたり、意識を内面に集中させることによりマインドフルネスに活かすことも可能です。

Fitbit Charge 5 皮膚電気活動(EDA)センサーの使い方!ストレス管理 編

カラー

Fitbit Charge 6のカラーは、3色が用意されています。

Fitbit Charge 6のColor variations(イメージ画像)

左から Obsidian / Black、Porcelain / Silver 、Coral / Champagne Gold。

本体デバイスの素材はアルミニウムがベースとなっています。

主な機能の比較

Charge 6Charge 5
画像Charge6charge5
心拍数の測定
心拍ゾーン表示
血中酸素
ウェルネス
睡眠トラッキング
エクササイズ
モード
40種類以上20種類以上
睡眠時皮膚温
の測定
皮膚電気活動
センサー

(EDA)

(EDA)
参考:Fitbit公式サイト

睡眠トラッキング機能に定評のあるFitbit。

搭載センサーの向上でより緻密な計測と記録が期待できるのは嬉しいところ!

睡眠スコアやグラフで日々の睡眠状態をチェックしたい方にはおすすめのデバイスです。

Fitbitの睡眠トラッキング機能は高精度!睡眠スコアの目標は平均80点以上!睡眠グラフ比較 編

新しいスマート機能

Smart Notifications

スマート機能の充実が望まれていたFitbit Chargeシリーズ。

新しく、音楽再生(YouTube Music)の操作Googleマップの利用が可能になりました。

Charge 6Charge 5
画像Charge6charge5
スマート
アラーム
着信・通知
通話
音声
アシスタント
Google
マップ
Fitbit
pay

Suica対応

Suica対応
音楽再生
参考:Fitbit公式サイト

*Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

スマート機能では、Fitbit Sense 2などのスマートウォッチとの棲み分けなのか、GoogleアシスタントAlexaには対応していません。

しかしながら、Fitbit Charge 6もSuica対応なので利用される方には便利な機能だと思います。

また、音楽再生のYouTube Musicにはサブスクリプションを申し込みが必要です。

YouTube Premiumを利用している方はラッキーかもしれません。

Music Playback

音楽再生機能を使用するには、スマートフォンがデバイスのBluetooth圏内にあり、YouTube Music Premium(有料)の契約が別途必要となります。

デバイス本体にはダウンロードできないということです。

初めての購入ならどっちを選ぶべき?

今回の新作モデル Fitbit Charge 6とCharge 5は機能面においては、そこまで大きな差はありませんので Charge 5 の人気もしばらくは続くと思われます。

また、旧モデルということになるので、値引きも含めかなりお買い得になるのは間違いありません。

実際、Charge 5を利用していますが、心拍計測や睡眠記録などの機能には満足しています。

Simple-design-fitbit-charge5

ただ、Charge 5はちょっと故障が多い印象もありましたので、初めての購入ならCharge 6を選択する方が良いかもしれません。

Fitbit社がGoogle傘下になり、きっとその点は改善されていると期待しています。

予算がOKであればFitbit Charge 6がオススメ!

Fitbit Charge 5 再起動しても電源が入らないし画面もつかない!故障のため問い合わせ 編

スポーツバンドはそのまま使える?

Sports-belts

Fitbit Charge 5で使用しているスポーツバンドが快適なので、Charge 6でも利用できるとのことで良かったです。

手首が蒸れないところと、軽量でしっかりとした質感なので安定感は抜群です。

sports-band

\人気のスポーツバンド /

使い勝手は非常に良好です!

感想

Fitbit Chargeシリーズのストレスチェエック機能のイメージ画像

Charge 6には新しい機能として、音楽再生とGoogleマップなどが加わりました。

Sense 2に搭載されたストレスチェック機能(cEDAセンサー)の搭載はなく、前モデルのCharge 5と同じEDA(皮膚電気活動)センサーが引き続き採用されました。

今後、Fitbitの「心電図(ECG)アプリ」の日本での認可も待ち遠しいところです。

どちらにしても最新モデルには違いなく、Fitbitのトラッカーでは最高位モデル。

購入される方は存分にCharge 6 の機能を味わってみて欲しいと思います。

初めての方にもおすすめのスマートウォッチです。

\最新モデル Fitbit Charge 6/

Fitbit Charge 5 レビュー!Charge 4(旧モデル)との違い。スペック・機能比較 2024 編

【参考サイト】

・Fitbit 公式サイト https://www.fitbit.com/global/jp/home
・Charge 6 ユーザーマニュアル https://help.fitbit.com/manuals/manual_charge_6_ja.pdf
・Googleストア https://store.google.com/jp/category/watches?hl=ja

・Google Japan blog https://japan.googleblog.com/

※記載の内容は都合により変更になる場合がございます。
※写真やイラストの一部はイメージです。